山形青年会議所

汲めども尽きぬ情熱を胸に
~自由と多様性溢れるやまがたの未来へ~

2022年度基本方針

2022総務渉外委員会 事業計画

専務理事
浦口 陽平
常任理事
髙橋 慶多
委員長
吉田 英二

 新型コロナウイルスの感染拡大は、テレワーク環境の普及など高度な情報通信社会の発展を促すと同時に、情報を扱う組織や個人の社会的責任が大きく問われることとなりました。私たちは社会的責任を果たす団体として、先進的技術を取り入れ、社会環境の変化に即したルールの下、渉外活動における学びの機会を推進しつつ、地域社会に希望をもたらす変革の起点となるべく、適切な意思決定に基づく盤石な組織を構築する必要があります。

まずは、円滑な諸会議運営のために、早期の準備と事前配信による運用を行い、活発な議論の場を実現します。そして、公明で効率的なデジタル情報活用のために、地域に発信する公開例会を実施し、市民とともにルールを理解し正しい情報判断能力を養います。また、メンバーの団結力向上のために、卒業生を称えその軌跡を共有する卒業例会を実施し、卒業生の志を受け継ぎ結束を深めます。さらに、メンバー間やシニアクラブ、賛助会員との関係強化のために、メール運用と名簿・JCレポートの発行による最新情報を共有し、相互理解を深めます。そして、組織運営の基本ルール理解のために、スタッフセミナーを実施し、議案と事業構築の基礎能力を向上します。また、本年の運動の軌跡を残すために、メンバーの活躍を記録に纏め、次世代の活動の礎を築きます。さらに、メンバーの士気向上のために、顕著な活躍をしたメンバーを讃えるLOM内褒賞を実施し、運動活性化を図り強固な組織を構築します。そして、メンバーが多くの学びを得るために、各種大会の参加促進とLOMナイトを実施し、貴重な経験を通して見識を深める機会を創出します。

私たちは青年経済人として、時代や環境の変化に即したルールを正確に理解し、これを運用するモラルを身につけ、先進的かつ効率的運営が可能となる強固な組織の土台を構築し、一元的な情報管理の下「時代や環境の変化に依らない持続可能な組織」を実現します。