山形青年会議所

情熱を焦がし挑戦しよう!
~かけがえのない仲間とともに~

  • 山形青年会議所とは
  • 事業案内
  • 情報公開
  • お問い合わせ
まちづくり事業 次世代の育成事業 災害支援活動
創立60周年提言「BRIDGE」
理想に向けて橋を架ける

インスタINSTA

新着情報NEWS

ご案内INFORMATION

  • 11月卒業例会を開催致しました

  • 11月21日、山形グランドホテルにて、11月例会 LOM内褒賞表彰式、卒業証書授与式、及び、卒業生を送る会を開催致しました。

     

    LOM内褒賞表彰式では、本年度山形青年会議所の運動に貢献いただいた外部の団体や個人、また、活躍の目覚ましかった山形青年会議所の委員会及び個人に対し、表彰されました。な受賞者は以下のとおりです。

    まず、外部の部としまして、山形大花火大会などで多大なご協力を賜った山形大学JCC様に、最優秀協力賞が贈られました。

    また、委員会の部としまして、本年、群を抜く団結力を示された渉外支援委員会が、最優秀委員会賞に輝きました。

    そして、個人の部としまして、鈴木健博君が最優秀会員賞 Best of Bestを受賞されました。

    この他にも、28の委員会や個人がLOM内褒賞を受賞されました。受賞された皆様、誠におめでとうございます。

     

    さらに、同日は、卒業証書授与式及び卒業生を送る会も同時に開催されました。本年は、長きにわたり山形青年会議所を牽引された18名のメンバーが卒業されました。

    卒業証書授与式では、厳粛な雰囲気の中、卒業生一人ひとりが手塚理事長より卒業証書を授与されるとともに、卒業生の会「羊たちの☆放牧の会」代表である落合康弘君から、卒業記念品と卒業生代表の言葉を頂戴しました。

    また、その後に開催された「卒業生を送る会」では、うって変わって賑やかな雰囲気の中、卒業生のこれまでの労を労うとともに、卒業生とメンバーとが懇親を深めることができました。

    会の最後には、岩田次年度理事長が卒業生へ向けて決意表明を、卒業生を代表して荒井要雄君が答辞を述べられ、卒業生の熱い想いを現役メンバーが継承致しました。

     

    卒業生の皆様、長きにわたり山形青年会議所を支えていただきまして、誠にありがとうございました。

    我々現役メンバーは、皆様から受け継いだ伝統と熱い想いを胸に、明るい豊かな社会の実現を目指して、さらなる運動を展開していくことをお誓い致します。

     

    山形青年会議所は、共に歩む仲間たちとともに「明るい豊かな社会」の実現を目指します。

    Be Together ~共に歩まん~

  • 山形市災害ボランティアセンターの運営等に関する協定を締結しました

  • 山形青年会議所は、この度、社会福祉法人 山形市社会福祉協議会様と「山形市災害ボランティアセンターの運営等に関する協定」を締結することとなり、本日、締結式を執り行いました。

    調印に先立ちまして、両法人の設立に至る経緯や、災害支援活動などの情報を交換し、改めて、協定締結の重要性を再確認する機会となりました。

    そして、今回の協定により、さらなる連携強化と災害発生時の迅速かつ適切な対応を行うことのできる体制を構築することができました。

    今後、災害対策セミナーの合同開催なども行い、山形市の災害対策に少しでもお役に立てればと考えております。

     

    山形青年会議所は、共に歩む地域の方々とともに、明るい豊かな社会の実現を目指します。

    Be Together ~共に歩まん~

  • 新入会員事業を開催致しました

  • 10月27日(日)、新入会員事業を開催致しました。

     

    当日は天候の影響により、残念ながら雨天時の対応となったものの、レクレーションや芋煮懇親会を通じて、新入会員と現役メンバー、そしてメンバーのご家族の皆様とが交流を深めることができました。

    新入会員全員の皆さんが、初めてゼロから事業を構築することによって得られた経験は、個々人の自己成長につながることはもちろん、LOM全体の成長につながるものであると確信しております。

     

    山形青年会議所は、共に歩む仲間たちとともに、明るい豊かな社会の実現を目指します。

    Be together ~共に歩まん~