山形青年会議所

Be Together
~共に歩まん~

2019年度基本方針

会員拡大特別会議 事業計画

副理事長
長谷川 晃一
議長
鈴木  純
副議長
齋藤 翔太

【委員会主旨】

国内で少子高齢化が進み、地方でも人口が減少して経済が疲弊する中で、山形青年会議所においても、LOMの活動を支えていく会員の数が年々減少している現状があります。我々は、笑顔で前向きな運動を展開して地域社会の発展に寄与し、これまで築いてきた地域との連携をさらに強固にしていくことが求められており、共に歩んでもらえるより多くの同志に青年会議所活動に加わってもらい、明るい未来を切り拓いていく必要があります。

まずは、活動に賛同してもらえる新入会員候補者の情報を数多く集めるために、JCシニアクラブへの会員拡大PR活動を行い、青年会議所活動の素晴らしさを知る先輩諸兄とのつながりをより強固にします。そして、メンバーが一致団結して効率的な会員拡大活動を実施するために、会員拡大の基礎となる会員拡大中期計画を見直し、LOMにおける会員拡大活動の統一的な手法を確立します。また、入会を検討している人や所属する企業に対して山形青年会議所の魅力を伝えるために、運動の内容を伝える新入会員候補者セミナーを実施し、入会に向けての意識を高めてもらいます。さらに、新たな仲間に青年会議所活動への期待をより膨らませてもらうために、華やかな新入会員認証式を実施し、その後の活動に夢を描くことができる機会とします。そして、新入会員と現役メンバーが運動の方向性を確認するために、対話形式で未来を語り合える例会を開催し、理想とすべきやまがたの将来像を共有します。また、LOMの団結力を高めるために、メンバー相互に協力できる新入会員事業を企画・実施し、新入会員と現役メンバーとの交流の機会を作ります。

多くのメンバーを巻き込みつつ、永続的に地域を牽引していく団体として社会との一体感を保ち、互いに学びを得ながら活動する団結力のあるLOMに成長を遂げ、ひとづくり、まちづくりの原動力となり「魅力溢れるやまがたを醸成する人材の育成」を実現します。