山形青年会議所

宿命に従い運命を切り開く
~愛するやまがたのため、大切な人のために~

2018年度基本方針

総務情報委員会 事業計画

副理事長
岩田 雄治
常任理事
庄司 哲也
委員長
三浦 真守

【委員会主旨】

情報伝達ツールの発達により、私たちは必要な情報を簡易に取得しインターネット上で広大なコミュニティに所属可能になった一方で、厳粛な儀礼により執り行われる組織運営に触れる機会が減少しています。私たちは、多くの人々へ情報・人・モノと触れ合う運動を提供し、情報が氾濫する時代の中でやまがたに住まう人々の私たちに対する認知を高め、明るく豊かな社会の実現に向け適切な情報伝達と盤石な組織形成を行う必要があります。

まずは、効率的且つ効果的な諸会議運営を行うために、計画的な設営準備、各種案内、当日の運営方法を明確化し、青年経済人として建設的な意見の交換が可能な諸会議運営と盤石な組織形成を行います。そして、私たちの魅力溢れる運動を発信するために、地域社会に住まう人々や関係諸団体との連携強化を促進するホームページ、広報誌「蔵王」、各種メディアを活用した情報提供を効果的に行い、山形青年会議所の認知向上を実行します。また、現役メンバーと先輩諸氏相互間において未来へ繋ぐ架け橋となるために、脈々と引き継がれてきた歴史や伝統と意識の共有化を図り、適切且つ効果的な庶務活動を行います。さらに、模範となる功績を残した個人や委員会を私たちの目指すべき目標とするために、個人・団体の指標となる姿を具現化したLOM内褒賞を策定し、積極的なJC活動や市民に支持される事業を行うメンバーの向上心の醸成を図ります。そして、これまで山形青年会議所を支えてきた卒業生へ感謝と敬意を表すために、感動と希望に満ち溢れる卒業例会を企画・実施し、より強靭な縁の糸を紡ぐメンバー同士の結束を強固なものとします。

山形青年会議所は、厳正な規律により運営され、理想とするまちやまがたの実現に向けた情報の発信・運動を深化させ、関係諸団体・地域社会への認知を深め、メンバーと地域社会相互が混ざり合いながら「信念と覚悟を持った揺るぎない盤石な組織」を実現します。