山形青年会議所

宿命に従い運命を切り開く
~愛するやまがたのため、大切な人のために~

2018年度基本方針

総務グループ 基本方針

副理事長
岩田 雄治
常任理事
庄司 哲也

昨今急速に進む社会の高度情報化は、私たちにやまがたのまち・ひとがもつ魅力を広く発信し地域創生の有効な機会をもたらすと同時に、組織は常に社会倫理を意識し法令の順守を徹底する体制の確立が求められています。私たちは未来を語り運動を展開してきた先達の想いを受け継ぎ時代に沿った多様な媒体で私たち自身の認知を高め、公益法人格を有する団体として社会から信頼され期待をされる組織へと進化を成し遂げる必要があります。

まずは、私たちが地域と共に進化を成し遂げ影響力のある団体となるために、時代に見合った幅広い情報伝達ツールを駆使し、山形青年会議所の「まちづくり」「ひとづくり」への取り組みや運動への想いにより多くの関心や共感を集めます。そして、公益法人格を有する団体として、私たちが地域社会から揺るぎのない信頼と大きな期待を得るために、公益性・予算・コンプライアンスの妥当性と公益を担うという責任と覚悟をもって公正且つ厳格な審査にて判断し、健全で透明性のある盤石な組織を形成します。また、メンバー一人ひとりがより精度の高い事業を構築し自らを進化させるために、青年会議所運動の基本となる諸会議運営マニュアルの周知徹底と円滑なコミュニケーションから規律あるLOM運営を遂行し、理事会や委員会などにおいて建設的で活発な議論がなされる環境へと導きます。さらに、メンバーの限りある時間の中で行う運動を費用対効果の高いものにするために、事業構築や検証時に不可欠な情報の正確な管理と迅速な提供、メンバー育成などの幅広い庶務活動を実施し、LOMの基盤をより強固なものにし活動効率を向上させます。

私たちは、市民意識変革運動を担う一員としての責任を自覚し、秩序正しく透明性が高いLOM運営とより強固な基盤から生み出す運動の浸透から、夢のある未来に向かい地域社会と共に成長を成し遂げる「信念と覚悟を持った揺るぎない盤石な組織」を実現します。

 

[基本テーマ]
地域から必要とされる誠実で盤石な組織へ。覚悟を持ち己の道を切り開こう!

 

[重点事項]

  1. 広報・発信活動に関する事項
  2. 事業予算・決算、コンプライアンスの審査に関する事項
  3. 総会・例会・理事会運営に関する事項
  4. 庶務活動に関する事項