山形青年会議所

宿命に従い運命を切り開く
~愛するやまがたのため、大切な人のために~

2018年度基本方針

地域創造グループ 基本方針

副理事長
千歳  望
常任理事
井上 大樹

私たちの住むやまがたは、少子高齢化や若者の都会への流出による人口の減少が続く中で、蔵王などの豊かな観光資源や魅力的な食物を多く保有しており、人口減少の風を追い払うことも可能な魅力に満ち溢れています。我々は市民と共により良いまちの創造を念頭に着実に歩みを進め、今まで以上に連携して地域の課題に真摯に向き合い、地域を改革する担い手として強い信念で継続発展を遂げる自立したまち山形を創出する必要があります。

まずは、やまがたに愛着をもつ人々が郷土愛を強く再認識するために、夏の風物詩としてこれまで以上に進化した山形大花火大会を企画運営し、住み暮らすすべての方々のまちへの意識を醸成します。そして、県内外の方からも広く愛されている山形大花火大会を今後も持続可能な大会へとするために、市民よりこれまで以上に企画運営の段階から携わっていただける機会を提供し、やまがたを愛する人が一丸となり地域に根付き続けられる事業へ昇華させます。また、今の地域の問題に真摯に立ち向かい意識変革を実現するために、行政と協力して市民のための公開例会を行い、まちを代表する団体として地域の継続発展の一助となります。さらに、やまがたの魅力がやまがたに住み暮らす人々へ根強く認知されるために、県都として人口減少に伴う地域の課題へ前向きに取り組み、継続で進めていける政策提言で地域の課題を解決に導きます。そして、地域間での交流をもち地域発展に邁進するために、中心都市として責任と自覚をもちながら地方都市が抱える問題を近隣LOMと共有できる例会の運営を支援し、近隣地域との連携をより強固なものへとします。

魅力溢れるやまがたのために活動する私たちの運動が地域に認知され、社会への拡がりを見せて市民の意識が変わり、我々が理想的な社会を追い求める原動力となり、魅力溢れる持続可能な地方都市として「多くの人と笑顔が集う地域活力溢れるまち」を実現します。

[基本テーマ]
地元に根差した地域創造を市民と共に。誰もが訪れたくなる町やまがたを目指そう!

[重点事項]

  1. 第39回山形大花火大会の企画・実施に関する事項
  2. 持続可能な山形大花火大会実現に向けての企画・実施に関する事項
  3. 例会の企画・実施に関する事項
  4. 外部団体との連携に関する事項
  5. 政策提言に関する事項
  6. 広域まちづくり協議会に関する事項
  7. 山形ブロック協議会との協働事業に関する事項
  8. 災害支援活動に関する事項