山形青年会議所

Be Together
~共に歩まん~

2019年度基本方針

総務広報委員会 事業計画

専務理事
庄司 哲也
常任理事
三浦 真守
委員長
阿部 則裕

【委員会主旨】

情報技術の発達は不特定多数者間における膨大かつ簡易迅速な情報の授受を可能としましたが、これに比例し組織に求められるコンプライアンスなどの社会的責任は高度化しました。私たちは、公益法人としての社会的責任を全うした秩序ある組織形成を図るとともに、効率的な情報伝達と人と人とのつながりを意識した効果的な意思疎通を実現し、共に歩むメンバー間の相互理解を深め、共に歩む地域の方々からの信頼を得る必要があります。

まずは、盤石な組織形成のために、諸会議の計画的な準備と設営、効果的な周知活動を行い、メンバー間の活発な意見交換が可能な諸会議の運営を実現します。そして、山形青年会議所に対する市民の方々の関心と理解を得るために、ホームページや各種メディアを活用した効率的な発信を行い、山形青年会議所とその運動の認知度向上を図ります。また、地域の方々や関係機関との連携強化のために、広報誌「蔵王」を発行し、山形青年会議所の運動に関する情報共有を図ります。さらに、現役メンバーと先輩諸兄との相互理解のために、会員名簿の改定及び発行を行い、組織情報の更新を図ります。そして、青年会議所活動の活性化とメンバーの意識向上のために、模範的なメンバーを褒賞するLOM内褒賞を企画・実施し、1年間の青年会議所活動を検証する機会を設けるとともに、次年度に向けたメンバーのモチベーション向上を図ります。また、メンバー間の結束力強化を図るとともに山形青年会議所の伝統を次世代に引き継ぐために、感動的な卒業式を企画・実施し、これまで山形青年会議所に貢献してくださった卒業生の方々に敬意と感謝を表します。

私たちは、メンバーの相互理解と社会的責任の自覚がもたらす秩序ある組織形成と、山形青年会議所及びその運動に対する地域の方々からの信頼をLOMを運営する上での基盤とし、「共に歩む地域の方々からの信頼に裏付けられた盤石なLOM運営」を実現します。