山形青年会議所

可能性を信じて果敢にチャレンジ!!
~未来へ繋ぐ架け橋を描こう~

基本方針

LOM運営グループ 基本方針

専務理事
安藤 太一郎
常任理事
堀野 卓美

高度情報化が進みインターネットやSNSによる広範かつ即時の情報伝達がなされるようになり、大企業と呼ばれる組織でさえたったひとりの起こした不祥事によりブランドイメージを損ない存続が危ぶまれます。私たち山形青年会議所は公益に資する団体としてコンプライアンス体制を構築し、先輩諸氏が紡いでこられた組織の礎を継承しつつも時代に合わせた変革を行い、市民の信頼や期待に応える健全で透明性のある組織運営が必要です。

まずは、公益社団法人として組織の透明化と財政体質の健全な運営を図るために、コンプライアンスに基づいた精度の高い議案構築と財政に対する健全なモラルのもとで事業を推進します。そして、精度の高い事業を地域で展開し続けるために、議案の精度向上に向けた的確な助言と基本運営マニュアルに沿った議案上程ルールの周知徹底を行い、総会・理事会において活発に俯瞰的な視野をもった議論が行われる環境を作ります。また、市民意識変革団体として私たちの事業が市民や地域に良い変化を与えた成果を広く発信するために、各種アワードへの申請を通じ、多くの事業に触れる機会を創出するとともに客観的に事業を考察し、より効果の高い事業へと昇華させます。さらに、外部団体との連携がさらなる市民との架け橋となるために、共に地域を良くしていく外部団体の活動をLOM内に伝播させ、積極的な支援を行います。そして、メンバーが正確な情報をもとに、秩序と計画性をもった青年会議所活動を行えるために、運営の礎になる庶務活動が未来へ向けた有益な組織構築となることを意識しながら常に先を見据えた組織体制にチャレンジします。

時代を切り拓く誠実なJAYCEEが地域の未来を発展させる団体の原動力となり、市民の付託と信頼に応え、運動の壮快さと運営の秩序が両立する運動体を形成し、有機的な連携から運動の質が向上され「自ら考え、答えをだし、行動する組織運営」を実現します。

 

[基本テーマ]

自身の行動に意味や価値を見出し、自身と組織を輝かせよう!

 

[重点事項]

  1. 公益性・予算執行・コンプライアンスの審査に関する事項
  2. 総会・例会・理事会運営に関する事項
  3. アワードに関する事項
  4. 外部団体との連携に関する事項
  5. 庶務活動に関する事項