山形青年会議所

可能性を信じて果敢にチャレンジ!!
~未来へ繋ぐ架け橋を描こう~

基本方針

魅力発信委員会 事業計画

副理事長
荒井 要雄
常任理事
伊藤 暢宏
委員長
小林 一也

【委員会主旨】

近年、地方都市は地域自らが考え行動し、地域の独自性を積極的に発信することで都市部依存の現状を打破し、自立した基盤の上で持続可能な社会を創生することが求められています。私たちは、これまで先達が築いてきた地域資源の魅力を再考し、自らが情熱と活力漲る青年らしい行動によって新たな価値を付加しながら、その活動を効果的かつ合理的に発信することを通して自立した持続可能な都市やまがたの実現を促がす必要があります。

まずは、私たちの活動を市民や地域社会、関係諸団体などに対して広く正確に伝えるために、情報発信媒体を効果的かつ効率的に連携して活用し、活動内容を迅速丁寧に伝えることで活動への理解を深め、積極的な行動を促す機会とします。そして、愛する故郷やまがたがさらなる魅力を携えるために、私たちのこれまでの活動を振り返り、地域課題の発見と解決策を考察することで、実効性のある政策提言を策定し地域への発信力を高めます。また、広域的なまちづくり運動をより深めるために、4LOM合同例会の運営を支援し、近隣地域との連携を強固なものとします。さらに、豊かなまちを創造するために、山形ブロック協議会のふるさとOMOIYARI事業を支援し、やまがたの自然環境や文化環境の魅力を高めます。そして、豊かなやまがたの実現に向けて市民一人ひとりの行動を促すために、関係諸団体と連携した公開例会を開催し、やまがたの魅力を実感させる機会とします。また、頻発する自然災害時において率先して災害支援を行うために、関係各所との連携を円滑にできるよう情報伝達方法を整理し、災害発生時の迅速な活動を支援します。

明るい豊かな社会の実現を目指す私たちの活動が広く社会に拡がり、やまがたの魅力発信となることで、地域の人びとが自ら希望をもって豊かな未来を想像し、情熱と活力漲るまちを創造していく持続可能な地域としての「ワクワクが満ち溢れるまち」を実現します。