山形青年会議所

可能性を信じて果敢にチャレンジ!!
~未来へ繋ぐ架け橋を描こう~

基本方針

渉外支援委員会 事業計画

副理事長
近藤 英雄
常任理事
茂木 政樹
委員長
竹永 倫之

【委員会主旨】

国際化推進により多文化共生社会の実現を進めるわが町やまがたは、都市化・就業形態の多様化などによる住民同士の地縁関係の希薄化により地域の絆が弱まり、個人の孤立性が高まる傾向にあります。我々は、人間性や社会性を育む協調性と融和の取り組みが求められる中で、国内外で活躍する同志や関係諸団体とともに新しい絆を紡ぎ、多くの恩恵を享受し地域に貢献する組織として、人間関係を固く繋ぐ秀逸な団体である必要があります。

まずは、国内で得られない経験をやまがたの発展へ活用するために、海外姉妹JCメンバーと交流する場を作り、価値観や環境の違う同志たちと親睦を深めます。そして、JCIや日本JCが発信する運動に触れ大会主旨や意義・目的を理解するために、同志が活躍する各種大会への参加促進をし、メンバーが貴重な体験をする機会を創出します。また、出向経験で得た知識や体験をLOMの新たな力とするために、和やか且つ盛会な出向者報告会を開催し、メンバーに出向の意義や得られる成果を周知します。さらに、やまがたの伝統や魅力を国内外の様々な地域へ発信するために、活気横溢で交流が盛んに行われるブースを設営し、各地で活躍する数多の同志へやまがたを広く周知します。そして、各種大会に参加したメンバーの出向意識を向上させ、個々の視野拡大や地域活動の展開に貢献するために、出向者を労う盛大なLOMナイトを開催し、その経験や情報をメンバーと共有する機会にします。また、取材した記録及び画像を後世に残し、今後の活動や70周年の回顧にするために、メンバーの軌跡や活躍をしっかり精査・収蔵し、諸活動に活用します。

多くの同志たちとの活動やふれあいを通じ、国際感覚の涵養や友情関係の醸成により新たな自分を見いだし、さらなる絆を創り、行き交える橋をわたり合い、共に豊かな未来を考え信頼され必要とされる組織を築き「豊かな心が通い合うまちやまがた」を実現します。