山形青年会議所

可能性を信じて果敢にチャレンジ!!
~未来へ繋ぐ架け橋を描こう~

基本方針

地域発信グループ 基本方針

副理事長
荒井 要雄
常任理事
伊藤 暢宏

人口減少による全国的な地方の弱体化が進む中で、地方創生が謳われている昨今、都市と地方は従来の相互依存の関係から、自立共生の関係に変わることが求められています。

時代の大きな変革期である今こそ、私たちは市民一人ひとりが地域を改革する能動者として自ら考え行動し、まちづくりの担い手としての連携を強め、いかなる問題や困難も解決し乗り越えられる、魅力と活力漲る自立した地方都市やまがたを構築する必要があります。

まずは、山形が郷土愛と活力が満ち溢れるまちになるために、大会の企画から設営に至るまで市民の積極的な参加を促進し、市民先導型の山形大花火大会を開催します。そして、山形の夏の風物詩であり、県内外の方から広く愛されている花火大会を持続可能な大会にするために、行政・関係諸団体と強く連携した大会の企画運営を行います。また、市民や地域社会に対し影響力のある組織として運動を広く周知させるために、認知向上を意識した効果的かつ合理的な手法を用いて、活動や情報をタイムリーに発信します。さらに、やまがたの未来が次代を担う子供たちにとって魅力あるまちとなるために、人口減少や産業の衰退に伴う様々な地方都市の諸問題と向き合い、解決策を示す政策提言を策定します。そして、地域を改革する能動者として自ら行動する市民を増やすために、市民の行動や意識変革を喚起する公開例会を行います。また、民間団体として地域間の連携を強固にするために、県都として広域的な視点を持ちながら、地方都市が抱える様々な問題の解決策を見出す4LOM合同例会の運営を支援し、同世代の青年経済人と強固な関係を築きます。

市民一人ひとりが、自ら問題を考え行動する市民意識変革運動は、自立した地方都市やまがたの創造に向けた原動力となり、新たな出会いはさらなる出会いを生み出し、故郷の明るい未来へ向けた心躍る夢の架け橋を築く「ワクワクが満ち溢れるまち」を実現します。

 

[基本テーマ]

青年らしい活力漲る行動で、やまがたの未来を切り開こう

 

[重点事項]

  1. 第38回山形大花火大会の企画・実施に関する事項
  2. 例会の企画・実施に関する事項 (10月公開例会の企画・実施)
  3. 政策提言に関する事項
  4. 広報・発信活動に関する事項