山形青年会議所

可能性を信じて果敢にチャレンジ!!
~未来へ繋ぐ架け橋を描こう~

基本方針

例会担当委員会 事業計画

副理事長
庄司 安宏
常任理事
井上 大樹
委員長
中村 秀夫

【委員会主旨】

都市部への若者の流出、出生率の低下による少子化高齢化により地域の活力が失われ情報社会の進化で大きな変動期を迎えており、求められる人材の質も組織に対して大きく影響を与える社会となってきています。変化の激しい時代だからこそ、求められるリーダーシップの在り方がさらに重要になり、青年経済人として私たちが主体性をもってお互いの繋がりで周囲の人びとを巻込みながら、意気込みあふれる人財を育成する必要があります。

まずは、山形青年会議所メンバーとして地域から信頼を得るために、地域に対して必要な運動や私たちに何が出来るのかに気づき、今後の事業や運動の方向性を一つにまとめあげます。そして、メンバー同志のコミュニケーションを活性化させるために、多様な人と相互に思案し目標に向かって結果を生み出す力が繋がりを強化し、団結力を向上させます。また、メンバー一人ひとりが当事者意識をもって発信力を高めるために、自分の意見を分かりやすく伝える力を身につける機会を創出し、人びとを巻き込む力を向上させます。さらに、青年経済人として社会性を育み私たちの見識を広げるために、今日まで受け継がれてきた日本の伝統や文化を理解して自分を磨く機会を創出し、品格や人格を向上させます。そして、私たち一人ひとりが物事を見極め的確な判断力を身につけるために、自分の考え方の枠を超えさまざまな人の意見を聞く機会を創出し、躊躇せずチャレンジする心を育みます。また、経験や知識を活かし積極的に行動する団体になるために、これまで培われてきた事業を振返る機会を創出し、地域に対して運動を起こす団体への理解を深めます。

LOMの基盤を支え、周囲を巻き込みながら互いの繋がりの中で切磋琢磨して資質が向上されたメンバーが、地域の原動力となり市民意識変革化団体として牽引していくことで市民一人ひとりの意識を変えていき「未来へ繋がる魅力あるまちやまがた」を実現します。