山形青年会議所

可能性を信じて果敢にチャレンジ!!
~未来へ繋ぐ架け橋を描こう~

基本方針

LOM運営グループ 基本方針

専務理事
庄司 安宏
常任理事
丹野 覚

昨今の急速なグローバル化やインターネットによる情報経路の多様化など大きな構造変革の中で迅速かつ正確な対応を迫られる一方、地域コミュニティへ有効に活用できる的確な情報を最大限に利用できる機会でもあります。これまで受け継がれてきた歴史と伝統を胸に組織の足元をもう一度見つめ、60周年提言「BRIDGE」実現の第一歩目として力強い運動の発信と円滑な情報共有の基軸となる揺るぎないLOM運営の構築が必要です。

まずは、青年会議所運動をより精度の高い効果的なものにしていくために、メンバー一人ひとりの資質が向上する例会を実施し、優れた知恵や有効な解決策を生み出す力を養います。そして、多くの市民や関係諸団体と一体となって自立自活したまちやまがたを創造していくために、メディアやインターネットを活用して私たちの運動や想いを広く深く発信し、市民意識変革運動へと波及させます。さらに、私たちの取り組む事業が市民や地域に良い変化を与えるために、各種アワードへの申請を通じ検証を重ね選りすぐった多くの事業に触れることで客観的に自身の事業を考察し、精度の高い議案の中でより効果的な事業にします。また、公益性の高いLOMの組織基盤をより強固にしていくために、私たちの活動について公益性・予算・コンプライアンスの妥当性を審査し、公益事業として認められる費用対効果の高い事業と法令遵守に基づく行動へと導きます。そして、私たちが発信する事業や情報の精度をさらに高めるために、組織運営の基本である諸会議運営規則を遵守徹底する中で実りある諸会議を開催し、規律正しい確固たるLOM運営を確立します。

青年会議所運動によって磨き上げられた個々の資質と生み出された英知を携えた私たちの発信で、市民や関係諸団体との連携がより一層深まり、効果的な市民意識変革運動と秩序あるLOM運営が両輪となり「地域コミュニティが活性化するやまがた」を実現します。

 

[基本テーマ]

脚下照顧の精神と情熱ある行動でやまがたの運命を切り拓こう。

 

[重点事項]

  • 資質向上例会の企画・実施に関する事項
  • 広報・発信活動に関する事項
  • アワードに関する事項
  • 公益性・予算執行・コンプライアンスの審査に関する事項

総会・例会・理事会運営に関する事項