山形青年会議所

可能性を信じて果敢にチャレンジ!!
~未来へ繋ぐ架け橋を描こう~

基本方針

財政規則審査委員会 事業計画

専務理事
庄司 安宏
常任理事
丹野 覚
委員長
横山 佳友

山形青年会議所は60年間にわたり、様々な事業活動を通して地域貢献活動に取り組み、時代を切り拓きながら作り上げてきた組織とその運営基盤を先達から継承してきました。この組織運営をさらに強固なものにするべく、基盤となってきた仕組みと伝統を受け継ぎながら、これまでの組織運営を冷静で客観的な視点から見つめ直し、組織や事業の健全性と透明化を明確にし、これからも時代の変化に対応しつつ発展し続ける必要があります。

まずは、JC活動に対する理解を深めるために、組織運営及び財政規則を再認識するスタッフセミナーを行い、メンバーの意識強化を図ります。そして、メンバー一人ひとりが創意工夫による効果的な活動を行うために、自ら学び考える力を育む例会を実施し、個々の資質を向上します。さらに、健全かつ合理的に事業が行われるために、事業の予算執行や決算審査を冷静に検証し、各委員会への支援体制を確実にします。また、地域から信頼される団体であるために、公益目的事業を考慮した事業構築が出来ているかを確認し、事業と組織の公益性を確立します。そして、社会的責任を全うするために、コンプライアンス管理体制を整えた組織ガバナンス強化に取り組み、一貫性と透明性を兼ね備えた組織を確立します。さらに、今後の効果的な事業につなげるために、より優れた事業は各種アワードやブロック褒賞へ申請を行い、事業活動に対して士気を高めます。また、限られた時間の中で精度の高い事業議案が効率的に構築されるために、メンバー協力のもと議案におけるチェック体制を整えた財政規則審査会を実施し、確固たる組織運営の基盤を築きます。

先輩諸兄が築き上げてきた歴史と伝統を基盤に、山形青年会議所を未来へとつなぐ新たな組織運営が構築され、常に世の中の問題や課題に対して真摯に向き合う、挑戦し続ける団体として時代の先駆者となり「地域コミュニティが活性化するやまがた」を実現します。