山形青年会議所

可能性を信じて果敢にチャレンジ!!
~未来へ繋ぐ架け橋を描こう~

基本方針

花火大会特別委員会 事業計画

副理事長
武田 靖裕
特別委員長
會田 智弘
本部長
近藤 英雄

近年、少子高齢化や都市部への人口流出に伴い経済や活力が低迷する中において、このやまがたには多くの人々を魅了する魅力や観光資源が豊富に存在します。これまで先達が築き上げてきた価値ある伝統や文化と熱い志を胸に、故郷を深く愛し志高く行動する私たちが、夢や希望を抱くことのできる地域の未来を見据えつつ、やまがたのさらなる発展と多くの人々が訪れる新たな山形らしさを創出する機会や出会いを提供することが必要です。

まずは、やまがたの魅力を市民のみならず県内外の多くの方々に体感していただくために、やまがたの夏の風物詩として親しまれる山形大花火大会を開催し、相互交流の場として発信します。そして、永続的な花火大会を開催するために、大会の開催において最も重要視する協賛金の拡大を市民サポーターと共に行い、関係各所より継続的な協力と協賛を得られるよう関係を構築します。さらに、安全な大会を開催するために、これまでの反省点に基づいたスムーズな人と時の流れを創る導線計画並びに警備体制を強化し、安心して観覧いただける運営を構築します。また、当日の晴天、安全、大会成功を描き、想いを成就するために、関係者の皆様とともに一体となるお天気祭りを開催し、大会に向けて機運を高め意識高揚をはかります。そして、花火を鑑賞される皆様に多くの笑顔と感動を届けるために、観覧会場の再検証と提供及び企画・演出を立案し、より魅力的な会場設営を行います。さらに、会場周辺の方々より今後も協力いただくために、感謝と敬意をもって大会翌日にメンバー、市民サポーターとともに清掃を行い、地域との良好な関係を築きます。

故郷を愛し率先して行動する私たちが、多くの市民と帰省者や観光客と共に集う機会を通し、価値や感動をともに分かち合い、やまがたの未来に向けて持続的に発展し続ける新たな魅力と交流が生まれ、郷土愛溢れる「自らが輝き魅力が伝播するまち」を実現します。