山形青年会議所

可能性を信じて果敢にチャレンジ!!
~未来へ繋ぐ架け橋を描こう~

基本方針

地域グループ 基本方針

副理事長
武田 靖裕
常任理事
河又 勇人

愛する故郷やまがたは、少子化、高齢化、地域産業の衰退による流出人口の増加が進んでいますが、豊かな自然や観光資源、豊富な農畜産物などを多く保有し、多様な交流人口の拡大につながる魅力で溢れています。私たちは、誇れるまちの日常を大切に一人でも多くの市民と地域の課題や独自の魅力を産業間の連携でさらに輝かせ、強い決意と情熱を胸に日本に先駆ける地方創生に向けた新たな山形らしさで多様な交流人口の創出が必要です。

まずは、やまがたに関心をもつ多くの人が山形の夏の風物詩として郷土愛を育むために、市民参加型の大会として心の拠り所となる山形大花火大会を開催し、やまがたを愛する人たちによる相互交流の関係を構築します。そして、このまちに接する人々が笑顔溢れ地域に誇りを持ち続けるために、やまがたの魅力を最大限に活用して全国から注目される例会を行い、産業間の魅力が混ざり合い未来に誇れるブランドが創出されます。さらに、このまちの人々が近隣地域と連携しヒト・モノ・カネを戦略的に呼び込むために、地域発展の中長期ビジョンを近隣LOMと共有できる例会を開催し、お互いの地域の魅力や課題の理解が深まり広域の連携を強めます。また、山形で住み暮らす人たち全員が日常に誇りと責任を持つために、やまがたを今以上に輝かせる県内一斉運動を取り入れ郷土愛をより深める事業を行い、地域を大切に考え進んで行動する市民に溢れるまちにします。そして、有事の際に被災したまちの誇りを守るために、迅速な情報収集と外部ネットワークとの連携でニーズにあった災害支援活動を行い、被災した地域の日常を取り戻す一助となります。

産業間の交流で生まれた新たな魅力の融合で創出された山形らしさを手に入れた私たちが、率先して地域のため活動する市民と手を取り合い地方創生への原動力となり、多様な交流の中で未来につなぐ橋が多く架かり「自らが輝き魅力が伝播するまち」を実現します。

 

 

[基本テーマ]

地元の魅力を再発見!新たな価値を全国へ!

 

[重点事項]

  • 第37回山形大花火大会企画・実施に関する事項
  • 持続可能な山形大花火大会実現に向けての企画・実施に関する事項
  • OMOIYARI事業に関する事項
  • 例会の企画・実施に関する事項
  • 広域まちづくり協議会に関する事項

災害支援活動に関する事項